Thxiomolding ホーム > Advantage > Thxiomolding

Thxiomolding技術とは、上世纪80年代末期のアメリカより始まり、主にマグネシウム粒を材料として使用します、この技術は、ダイカスト成型(DieCasting)を使ったマグネシウムの錠材料とは異なり、半固体状態のマグネシウム合金を射出成型の方式にて、生産加工を行う技術です。金属粒子を加熱する事により、固体状/液体状の状態にて、金型の中に流し込み、製品状態まで成型します 。

華孚(ワッファー)テクノロジーはこの独特な半固体成型技術を採用し、既に競争ライバルよりもさらに軽く、薄く、緻密なマグネシウム合金製品(塗装前0.6-0.7mm実績)を生産することが出来ます。半固体射出成型は環境保護にも役立つ技術であり、生産プロセスにオゾン層の破壊及び酸雨をもたらす六フッ化硫黄(SF 6)や二酸化硫黄(SO2)は一切使用せず、同時にマグネシウム合金酸化物の廃棄物も発生しません。また、半固体成型技術はマグネシウム粒を液体状態までに溶解する必要が無く、金型の受温度が低く、摩損の減少により金型の使用寿命も通常より長くなります。

華孚(ワッファー)テクノロジーは本技術を代表する最優先企業です。

台湾本社:台湾桃園県平鎮市太平東路1号5楼     昆山工場:中国江蘇省昆山開発区雄鷹路66号