材料研究開発所 ホーム > Advantage > 材料研究開発所
究極工芸:「最薄」の臨界点を求め

華孚(ワッファー)テクノロジーは、圧着成型条件の流動性を高める研究に成功し、優れた圧着工芸を量産可能な経済規模まで、開発に成功しました。高い生産効率と共に、臨界点であるわずか0.6mmの「最薄」にも、達成しています。

多方向の発展性:全ての規格ニーズを満足する

華孚(ワッファー)テクノロジーは、3 C製品の生産に限らず、多様多彩な舞台に備える為、積極的に異なる特性のマグネシウム合金とアルミニウム合金を応用開発しています。マグネシウム合金は特性上酸化腐食し易いため、通常塗装などによる表面処理を行い抗酸化を強化するが、塗装する分マグネシウム合金自身の光沢感及び滑らかさを失う事にもなります。製品の表面処理を如何に減らし、尚且つ忠実に金属の光沢質感を表現させること、華孚(ワッファー)テクノロジーは常に考え、研究しています。

また、華孚(ワッファー)テクノロジーは、実用性の製品開発に力を注ぎ、悪環境、悪気候でも応用されたいお客様の各ニーズに合わせ、過酷な環境に強い製品を積極的に投入開発しています。

自動化作業の全面投入

華孚(ワッファー)テクノロジーは、製造分野での開発研究を続けると同時に、自動化生産の発展及び導入も、長年経営方針の一つです。現状、自動化設備の導入は既に各生産プロセスに展開され、規模化の自動化生産投入により、生産効率と品質管理を高めています。将来的に工場全般無人化(無人化/無灯化)の導入を実現する為、華孚(ワッファー)テクノロジーはさらなる自動化の開発及び革新に力を注ぎ、お客様の満足を第一に考え、行動します。

材料の受入検査

華孚(ワッファー)テクノロジーが採用するすべての原材料は、規定に準じたサプライヤーより合格証明書を提供させる外、全ての材料に対し、自社実験室による投入前の全面再検証を行っています。また、金型に採用される金属原材料に対しても、力学性能、金相、硬度及び化学成分の分析を行い、採用鋼材の品質及び使用後の寿命を保証します。

台湾本社:台湾桃園県平鎮市太平東路1号5楼     昆山工場:中国江蘇省昆山開発区雄鷹路66号