數字化生産管理 ホーム > Advantage > 數字化生産管理

リアルタイムの生産情報:

デジタル化生産管理の歴史を振り返ると、早期の純人力による生産から初め、自動化及び機械化の成熟に合わせ、最終的にはデジタル化生産管理へと発展しました。華孚(ワッファー)テクノロジーは、Flow Management(FM)管理システムの導入により、自動化管理工場を実現しています。Flow Management管理システムは、主に生産現場の生産活動、製品進捗、仕掛品状態(Work In Process;WIP)、原材料、設備状態、予定生産計画、生産結果等について、リアルタイムに追跡及び管理を行い、製造現場の状況を即時に、明確に伝え、生産管理の助けに役立っています。




Flow Management(FM)管理システムの導入以前は、大半現場担当者自身にて、紙PAPER方式による記録を行う為、水平展開の連絡が遅く、突発状況の予測及び処理上に、かなりの時間/効率LOSSが発生します。Flow Management(FM)管理システムの導入により、精髄であるリアルタイム情報更新及び処理が可能となり、作業者の生産能力、生産計画達成状況、生産完成数量、設備稼働率及び注文書などを含み、すべて科学的な記録方式を通じて、正確にコストを計算し、全般的な効率向上へと繋がる。Flow Management(FM)管理システムの導入は、リアルタイムでの追跡管理だけでは無く、生産管理上必要とするあらゆる関連資料も、即時に計算作成し、必要とする各部署に随時提供しています。例として、品質管理(プラトン分析図)、仕入れ(金型、設備状態)及び在庫数量DATA(コスト、仕掛品在庫)も、Flow Management(FM)管理システムの導入により、情報の一致性及び即時性を維持することができます。

Flow Management(FM)管理システムの導入以前は、大半現場担当者自身にて、紙PAPER方式による記録を行う為、水平展開の連絡が遅く、突発状況の予測及び処理上に、かなりの時間/効率LOSSが発生します。Flow Management(FM)管理システムの導入により、精髄であるリアルタイム情報更新及び処理が可能となり、作業者の生産能力、生産計画達成状況、生産完成数量、設備稼働率及び注文書などを含み、すべて科学的な記録方式を通じて、正確にコストを計算し、全般的な効率向上へと繋がる。Flow Management(FM)管理システムの導入は、リアルタイムでの追跡管理だけでは無く、生産管理上必要とするあらゆる関連資料も、即時に計算作成し、必要とする各部署に随時提供しています。例として、品質管理(プラトン分析図)、仕入れ(金型、設備状態)及び在庫数量DATA(コスト、仕掛品在庫)も、Flow Management(FM)管理システムの導入により、情報の一致性及び即時性を維持することができます。




設備モニターリング:

製品納期と品質保証を達成する為、華孚(ワッファー)テクノロジーは生産設備の保養管理にもデジタル化の管理を実施しています。Flow Management(FM)管理システムの導入により、各設備機械の情報収集を行い、それぞれの設備における使用時間、使用状況、消耗状態、生産数量等の情報を集め、定期的なメンテナンス計画を提案し、設備各状態をモニターリング管理しています。

生産工程前期のダイカスト/射出機台、CNC、プレス加工から、後期の印刷、塗装、及び各工程に分布済みの自動化ロボットまでも、このモニターリング管理システムの採用により、生産計画の順調性を円滑に調整し、効率の高い生産能力を実現しています。

台湾本社:台湾桃園県平鎮市太平東路1号5楼     昆山工場:中国江蘇省昆山開発区雄鷹路66号